2014年01月31日

日本の滝百選 称名滝(しょうみょうだき)

称名滝(しょうみょうだき)は、富山県中新川郡立山町にある立山連峰を源流とする滝。
弥陀ヶ原台地から一気に流れ落ち、称名川となった後に常願寺川へ注ぎ込む。
称名滝は、350 mという日本一の落差を誇る四段構成の滝である。



名称は、法然が滝の轟音を南無阿弥陀仏という称名念仏の声と聞いたことに由来すると伝えられている。
雪解け水が多く流れ込む春などには、
称名滝の右側にハンノキ滝が現れて、2つの滝が流れ落ちる。
また、特に流量が増した場合には、ハンノキ滝の右側にソーメン滝も現れて、
3つの滝が並んだ光景を見ることができる。
ハンノキ滝の落差は497 m(一般には500 mとされる)で、
350 mの称名滝よりも大きいものの、いつも存在している滝ではないとして、
日本一の落差の滝として認められないことも多い。


↓他の 日本百名山・日本の滝百選 はこちら ↓

** 日本百名山・日本の滝百選 INDEX **














posted by toki555 at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック