2013年10月17日

日本航空123便墜落事故 INDEX

yy.jpg

この事故で亡くなられた方々のご冥福を、

心よりお祈り致します。


日本航空123便墜落事故

日本航空123便墜落事故は、1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(御巣鷹の尾根)に墜落した事故である。

* 各タイトルをクリックして下さい。 *


 ◆ 
 ◆ 
 ◆ 
 ◆ 
 ◆ 追悼式で遺族ら黙とう 日航ジャンボ機墜落から32年
(17/08/13)
 ◆ 「遺族の方の思いを・・・」御巣鷹の尾根に学ぶ学生たち
(17/08/12)
 ◆ “御巣鷹の尾根”に32年 新たな墓標や補助階段も
(17/08/12)
 ◆ 想い込めた灯篭が川に・・・日航機墜落あすで32年
(17/08/11)
 ◆ 日航機墜落事故原因に迫る
ボーイング社の修理ミスか ?
 ◆ 「事故語り合える場増やしたい」日航機墜落から31年
(16/08/12)
 ◆ 遺族高齢化・杖突きつつ墓標へ 日航機墜落から31年
(16/08/12)
 ◆ 御巣鷹で追悼式典始まる 午後6時56分に520本の灯火
(16/08/12)
 ◆ 日航機墜落事故 あす31年 遺族らによる灯籠流し
(16/08/11)
 ◆ 御巣鷹の尾根でJAL職員が滑落死 登山道の整備中
(16/07/24)
 ◆ 「パパの本できました」・日航機事故“遺族”の挑戦
(16/07/20)
 ◆ 群馬県警が記録碑建立 日航機墜落事故から30年
(15/12/13)
 ◆ 123便の残骸か…相模湾海底で発見 日航機墜落30年
(15/08/12)
 ◆ 御巣鷹で父亡くした娘 バイオリンで鎮魂の調べ
(15/08/08)
 ◆ 日航機墜落30回目の夏
生存者が今明かす32分間の闘い
 ◆ 【1985年8月12日】日航ジャンボ機墜落 
坂本九さんら520人死亡 航空史上最悪の事故
 ◆ ザ・ノンフィクション
日本航空123便墜落事故 15年目の検証
 ◆ 日航機墜落事故(1985年8月12日)〜27年目の慰霊登山
 ◆ あの日を忘れないで 日航機墜落事故【4/4】
 ◆ あの日を忘れないで 日航機墜落事故【3/4】
 ◆ あの日を忘れないで 日航機墜落事故【2/4】
 ◆ あの日を忘れないで 日航機墜落事故【1/4】
 ◆ 日航ジャンボ機墜落の残骸 (安全啓発センター)
  



posted by toki555 at 06:01 | Comment(0) | ウェアハウス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: